メッセージ

 当社は科学研究や分析で用いられる、「3D」「画像解析」に関するソフトウエアを開発/販売する事業を四半世紀に渡り、推進してまいりました。

 新鋭の旅客機ボーイング787が2013年1月から全世界的に運休に至ったことは、大きく社会問題として取り上げられたため、記憶されている方がいらっしゃるかもしれません。本件、リチウムイオン電池の故障解析について当社は格別の要請を受け、日米の運輸安全委員会、航空機/電池メーカーらによる事故調に協力致しました。報道等で登場した画像は、 工業用X線CTのデータから当社製ソフトウエアで作ったものです。この時、用いた3D可視化のソフトウエア ExFact VRは、その後いくつかのを賜るなど、裏方として働いてきた地味な中小企業としては、思いがけず、また珍しく、少しだけ脚光を浴びる結果となりました。

beyondSWT.png

 近年、掲げている当社のキャッチフレーズは「Beyond Software Technology」、日本語では「ソフトウエアのその先に」と訳します。即ち手段としてニッチな技術「画像解析やソフトウエア」を用いるとしましても、その先に存在する先端的、普遍的なテーマに常に目を向けて活動し、私共なりに社会に貢献できる企業でありたいと考えています。

日本ビジュアルサイエンス株式会社
代表取締役 滝 克彦
TAKI Katsuhiko, Representative Director
researchmap

企業理念

company_speciality.jpg

弊社の特徴と強み
Our characteristics and strength

  • 自前の独自の製品群とサービス
  • 専門化された高度な技術力と実績
  • 蓄積されたソフトウエア資産とノウハウ
  • 永年の経験に基づく手厚いユーザーサポート
  • 小規模ながら堅実な経営と優れたスタッフ

方法
Our methods

  • 有用なソフトウエア/システムをお客様のもとに届けられるよう日々、創意工夫し、研究開発に尽力する。
  • コンサルティング分析業務において、お客様に的確なご報告ができるよう日頃から資質向上に努める。
  • 教育・研究、執筆、講演等、情報発信のための活動を積極的に実施し、研鑽を積む。

弊社の使命
Our missions

  • 優れた成果を挙げるべく、ものづくり、科学技術、医療等、先端分野で活躍するお客様をご支援
  • 弊社製品と業務を通じて、科学技術の発展、産業、社会、地域、人々に貢献
  • 社員と家族、お客様など、ステークホルダーの皆様の幸福と成功を追求