製品概要

ExFact Analysis for Porous/Particlesは、多くの穴や空隙を持つ材料をX線CTなどで撮像した時にその三次元構造や形態を解析、評価するソフトウェアです。薬顆粒、生体材料、新素材など、粒子状あるいは多孔体のような構造の評価に有効です。

 

 

 

 

 

porous_main.jpg

ExFact Analysisシリーズの特徴

X線CT、共焦点レーザー顕微鏡、TEMトモグラフィーなどのイメージング技術を使って工業製品や材料を撮像すると、その断層画像を連続的に出力し、三次元像を立体構築することができます。ExFact Analysisは、3DMA(Medial Axis)と呼ばれる手法を用いて、そうした三次元画像を細線化し、その複雑な構造を記述することによって、粒子や空隙の形態や分布、繊維の配向などを様々な視点から統計的に評価/分析することができるソフトウェアです。

適応分野

材料工学全般
特に、石油、ゴム、プラスチック、樹脂、ポリマー、メタンハイドレート、コンクリート/砂利、燃料電池、カーボンナノチューブ、紙、パルプ繊維、セラミックス、触媒、骨、歯科/医科材料、精密部品、電子、半導体など

処理の概要

  1. 空隙部分を細線化し、空隙の太さによって、色別に表示します。 これにより、空隙のネットワーク構造を可視化し、傾向を把握しやすくします。
  2. 空隙部分をくびれた部分により分割し、定量的な解析を行います。 具体的には、分割部分の断面積(スロートといいます。)の分布、及び、分割された空隙(Poreと言います。)の体積の分布、さらには、空隙同士のネットワーク構造を示す指針として、配位数を算出します。


VR003.gifVR004.gif


listmark3.png 機能・特徴へ

 

  ご質問・お問い合わせ窓口

  日本ビジュアルサイエンス株式会社
  TEL:03-5155-5561(受付時間 平日9:00〜18:00)                                                 

  arrow06c.gif お問い合わせフォーム

 

 

最大100万円のIT導入補助金で通常価格の1/3で製品導入のチャンス!