01_03_pm.gif Verificationモジュール

arrow06c.gif 製品概要

arrow06c.gif 製品構成

arrow06c.gif 動作環境・詳細仕様

arrow06c.gif 事例  

Verificationモジュール(形状比較とレポート機能)

Verificationモジュールを使うと、異なる形状同士を比較することができます。3D計測による異なる実物モデル同士の比較、また3D CADソフトウェアは一般にSTLファイルを出力することができるため、設計モデルと実物モデルを比較することが可能です。こうした使い方は、あらゆる設計/製造の分野でニーズが高いと言えます。

PointMasterでは、ヒーリングが施されていない不完全な状態でもX線CT画像から出力したポリゴンデータや3Dスキャナから出力された点群データを三次元CADデータと比較できるため、迅速で実用性が高い処理が可能です。

まず、ポリゴンや点群データ、3D CADソフトウェアから出力したSTLファイルなど性質の異なるデータを重ねて読み込みます。次にどちらかを基準形状として3Dモデル同士の位置合わせを行います。位置合わせ手法は、基準面など特定箇所を基準とした位置合わせ、ジャストフィットによる最適位置合わせなどを選択できます。最後に形状同士を比較する処理を行い、その誤差や信頼性について、詳細なレポートを出力することができます。
 

形状比較ワークフロー

bg_h4.gif (1)CADデータと計測データの差異を評価

pm_comp1.jpg CADデータと計測データの差異を評価できます。
CADデータは一般的にIGESもしくはSTLファイルで入力します。

bg_h4.gif (2)始めに二つのオブジェクトに参照点を打ち、大まかに位置を合わせます。

bg_h4.gif (3)計測データとCADデータを大まかに位置合わせ

pm_comp2.jpg 計測データとCADデータを大まかに位置合わせします。
・3.2.1点の指示による位置合わせ。
・共通点を5~10点指示して位置合わせ。
・マルチウインドウを使って2つのモデルを同時表示。

bg_h4.gif (4)次に大まかに重なり合ったオブジェクトの位置を、より正確に重なるまで修正します。

bg_h4.gif (5)2つのオブジェクト間の距離を測定し表示

pm_compare.jpg ・三次元モデルの比較
・全部、あるいは一部分の比較
・比較点、及び表示形式は任意に設定可能
・誤差のカラー表示
・エラー割合の統計およびグラフ表示

bg_h4.gif (6)位置合わせの精度を高める

位置合わせの精度をさらに追い込みます。
・ベストフィットによる位置合わせ。
・誤差表示をサポート。
・基準点を設けて位置合わせできます。

bg_h4.gif (7)カラー表示による誤差の分布を評価

pm_comp3.jpg カラー表示による誤差の分布を評価できます。

bg_h4.gif (8)任意の断面の誤差評価が可能

pm_comp4.jpg 任意の断面の誤差評価が可能です。

bg_h4.gif (9)形状誤差を出力

pm_comp5.jpg 直感的な評価レポートとして、HTMLファイルやExcelフォーマットで形状誤差を出力できます。

bg_h4.gif (10)レポート(HTML、CSV)出力

・表形式による測定結果の表示
・座標値、誤差、エラー分布など
・ペーパーレスでの処理を促進

 

pmicon.png PointMaster製品構成一覧へ戻る

 

  ご質問・お問い合わせ窓口

  日本ビジュアルサイエンス株式会社
  TEL:03-5155-5561(受付時間 平日9:00〜18:00)                                                 

  arrow06c.gif お問い合わせフォーム

 

 

3D画像解析20年の匠 NVS JASIS 2017出展のご案内 3D画像解析が丸わかり 先着30名様に論文集を無料プレゼント 断層画像(X線CT/FIB SEM等)の3D化ソフト ExFact VR 2.1誕生 三次元画像をブラウザで簡単閲覧 データ共有やWeb公開も楽々