01_03_pm.gif Healingモジュール

arrow06c.gif 製品概要

arrow06c.gif 製品構成

arrow06c.gif 動作環境・詳細仕様

arrow06c.gif 事例  

Healingモジュール(ヒーリング機能)

Healingモジュールでは、以下のような処理を行います。

点群とポリゴンデータのハドリング

3Dスキャナは一般に点群データを出力します。点群データは、形状表面の三次元座標が単に列挙されたデータです。点同士を結んで三角形を作ったり、三角形の頂点を書き出すことによって、点群データとポリゴンデータは比較的、容易に変換することができます。ポリゴンデータは、多くの三角形の集合によって構成される表面のみの形状データで、STLファイルというファイル形式で良く知られています。

ヒーリング

3Dスキャナでは、形状全てのデータを完全に取得できるとは限りません。ポリゴンデータを生成した時に三角形頂点の連結の不整合や矛盾、破れが発生している場合があり、これを修復して、破綻の無いポリゴンデータを再生成するような処理が良く行われます。これを一般にヒーリングと言います。

ポリゴンデータを形状の最適化

高分解能な3D計測を行うと、データが非常に大規模になります。大規模なポリゴンデータを形状を保ったまま、最適化し、データ容量を削減する処理が求められます。

pmicon.png PointMaster製品構成一覧へ戻る

 

  ご質問・お問い合わせ窓口

  日本ビジュアルサイエンス株式会社
  TEL:03-5155-5561(受付時間 平日9:00〜18:00)                                                 

  arrow06c.gif お問い合わせフォーム

 

 

最大100万円のIT導入補助金で通常価格の1/3で製品導入のチャンス! 断層画像(X線CT/FIB SEM等)の3D化ソフト ExFact VR 2.1誕生 3D画像解析が丸わかり 先着30名様に論文集を無料プレゼント 三次元画像をブラウザで簡単閲覧 データ共有やWeb公開も楽々