PointMaster(ポイントマスター)は、三次元計測から得たポリゴンデータとCADデータの三次元形状を比較したり、面をはってサーフェスを出力し、3DCADソフトウェアとデータ連携を実現するリバースエンジニアリング・ソフトウェアです。

top_pm.jpg

製品概要

PointMasterを利用することにより、3D計測で得たデータを形状比較, CAD, CAEなど様々なシーンで活用できます。

リバースエンジニアリングとは?

近年、X線CTや3Dスキャナで計測した現物の三次元データを用いて、リバースエンジニアリングを行う試みが活発になっています。リバースエンジニアリングとは、広義では機械を分解したり、製品の動作を観察したり、ソフトウェアを解析するなどして、製品の構造を分析し、そこから製造方法や動作原理、設計図、ソースコードなどを調査する事を指します。
この分野では、さらに計測系のデジタルデータをCAD, CAE, Rapid Prototypingなどの技術と連携させ、設計・製造・検査上で役立てる行為を指す言葉として理解されています。

pm_reverse1.jpgpm_reverse2.jpg

データ形式について

PointMasterでは、三次元計測器やX線CT装置などから出力される点群データ、三角形が集まった形式で、STLファイルに代表されるポリゴンデータを読み込みできます。ポリゴンデータの表面に面(サーフェス)を貼ったり、形状を近似することによって、ポリゴンをCAD化し、結果をIGESファイルとして出力することができます。

 


listmark3.png 製品構成へ

 

  ご質問・お問い合わせ窓口

  日本ビジュアルサイエンス株式会社
  TEL:03-5155-5561(受付時間 平日9:00〜18:00)                                                 

  arrow06c.gif お問い合わせフォーム

 

 

動的イメージング用 小型万能試験機 圧縮/引張/曲げの応力変化観察 スライス画像(FIB-SEM/医用画像/連続切片画像)位置合わせソフト
3D画像解析 無料論文集 全14本 60ページ 断層画像(X線CT/FIB SEM等)の3D化ソフト ExFact VR 2.1誕生 三次元画像をブラウザで簡単閲覧 データ共有やWeb公開も楽々