処理の流れ

1.関心領域の抽出及び、コントラスト強調

ExFact Analysis for Fiberで処理をする前に、計算量削減を目的として、 ExFact VR にて、関心領域を切り出し、材料部分と空隙部分のコントラストを強調します。コントラストの強調は、ボリュームにおおまかな二値化処理を施すことが目的で、ボリュームを完全に二値(白、黒)化するわけではありません。 処理が終わったら、Rawデータと、VRDファイルを作成します。

fibernew.png

2.2値化処理


読み込みデータは、ノイズ等の影響で、明確に、空隙部分と、ファイバー部分に分かれているとは限りません。具体的には、左図のような状態になっている場合が多く見受けられます。そのような画像を、ExFactでは、krigingというアルゴリズムで、材料部分の形態を考慮して2値化処理をします。
fiber_flow2.jpg

3.細線化処理

ファイバー部分を細線化します。細線化は、左図のように、ファイバーの中心を通るような線になります。
つぎに、ファイバーの太さつまり、細線化された中心線と、ファイバーの縁までの距離に応じてレインボー表示をします。赤が細いファイバー、青は太いファイバーをあらわします。
fiber_flow3.jpg

4.定量解析の準備

ファイバー同士が接触している部分で、分割します。
下図で、Cluster と表示されている部分をbonds といいます。
Bonds で分割されたファイバーをその形態によってクラス分けし、長さ、配向、等の値を算出します。
fiber_flow4.gif

5.解析データの出力

グラフとして出力されるデータは多数ありますが、代表的なものは以下のとおりです。

 

bg_h4.gif Bonds per fiber ファイバー一本あたりに存在するBonds の数の分布


横軸:ファイバー1本あたりのBondの数 縦軸:その頻出を示す度合い

fiber_flow5_1.gif

Bondsとは、ファイバー同士が接触する部分

横軸:ファイバー1本あたりのBondの数
縦軸:その頻出を示す度合い

 

 

 

bg_h4.gif Crossing Angle  ファイバー同士の交差角の分布


横軸:その角度 縦軸:その頻出を示す度合い
fiber_flow5_2.gif

crossing angle とは、三次元的に交差するファイバー同士がなす角の最小値。上記の場合cがそれに相当します。

横軸:その角度
縦軸:その頻出を示す度合い

 



bg_h4.gif Fiber length  ファイバーの長さの分布


横軸:ファイバーの長さ  縦軸:その頻出を示す度合い
fiber_flow5_3.gif
• Clusterとは三本以上のファイバーが接触している部分
• LL(leaf-leaf) とは他のファイバーと交差する点がないファイバー
• BB(branch-branch) とは両端がクラスターになっているファイバー
• BL(branch-leaf) とは一方が末端, もう一方がクラスターになっているファイバー
• All は全部のファイバーを含む



bg_h4.gif Tortuosity  大まかなファイバーの配向の分布の傾向を確認できます。


fiber_flow5_4.gif
f とs が同じ場合つまり、まっすぐな場合にTortuosityは1になります。この値が最小値となり、曲がりくねった度合いがすすむにつれ大きい値となります。

 

 

 

bg_h4.gif Fiber moment of inertia  ファイバー一本一本の配向の分布


Fiber moment of inertia とは、ファイバーの慣性主軸(3次元なので直交する三軸があります。)を算出したものです。S,M,Lの表記は、慣性主軸の3軸の大きさが、最小、中間、最大という意味になります。通常、ファイバーの配向に関心がある場合、慣性モーメントが、最小である方向が、配向を示すといえます。よって、Sのプロットが、ファイバーの配向の分布を表しているものということになります。なお、慣性主軸の大きさに関しては1にノーマライズされています。このベクトルの数値データはCSVファイルに出力されます。

 

 

 

 

 


製品概要へ listmark3-2.png       listmark3.png 動作環境・詳細仕様へ

 

  ご質問・お問い合わせ窓口

  日本ビジュアルサイエンス株式会社
  TEL:03-5155-5561(受付時間 平日9:00〜18:00)                                                 

  arrow06c.gif お問い合わせフォーム

 

 

最大100万円のIT導入補助金で通常価格の1/3で製品導入のチャンス! 断層画像(X線CT/FIB SEM等)の3D化ソフト ExFact VR 2.1誕生 3D画像解析が丸わかり 先着30名様に論文集を無料プレゼント 三次元画像をブラウザで簡単閲覧 データ共有やWeb公開も楽々